DSpace

新潟薬科大学HP

Google
WWW を検索
新潟薬科大学サイト内 を検索
 

DSpace at NUPALS >
卒業論文 >
卒業研究Ⅱ2014 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10801/1142

Title: 慢性心不全と酸化ストレスについての研究
Other Titles: Studies on relationship between oxidative stressandchronic heart failure
Authors: 山本, 由夏
Keywords: 心不全
Experimental autoimmune myocadits (EAM)
Dilated cardiomyopathy (DCM)
酸化ストレス
Reactive oxygen species(ROS)
NF-E2-related factor 2(Nrf2)
Receptor for advanced glycation end-products
Toxic advanced glycation end-products (TAGE)
p47phox
p67phox
3-nitrotyrosin(3-NT)
Issue Date: 30-Aug-2016
公開日: 30-Aug-2016
Abstract: 心不全は種々の心疾患の週末像である。心臓に負荷が加わると心筋細胞の肥大が生じて収縮力が増大し、心機能を維持しようとする。しかし、負荷が過剰になると適応機構が破綻し、心肥大から心拡大・心不全へと移行する。自己免疫性心筋炎(Experimental Autoimmune Myocarditis : EAM)は、心臓リモデリングが進行すると心臓の筋肉が薄く拡張し心収縮率が低下する拡張型心筋症(Dilated CardioMyopathy : DCM)になる。 生体は酸化と抗酸化反応の上に成り立っており、そのバランスが崩れた状態を酸化ストレスという。酸化ストレスには活性酸素が関与し、活性酸素種(Reactive Oxygen Species : ROS)は、スーパーオキサイド(O2-)・ヒドロキシラジカル(HO・)・過酸化水素(H2O2)・一重項酸素(1O2)の4種類が知られている。いずれも非常に反応しやすく、タンパク質・DNA・脂質・酵素などと反応し、構造変化・細胞機能障害を与える。特にO2-、HO・はフリーラジカルであり反応性に富む。また、酸素のラジカル以外にも活性窒素種である一酸化窒素(NO)、窒素ラジカルや硫黄ラジカルもある。 本研究では、DCMラットを用いて、心不全と酸化ストレスの関係について検討した。8週齢のLewisラットの両下足にブタの心臓ミオシンを皮下注し、EAMからDCMに進行させた。Hematoxylin-Eosin染色による心筋の肥大比率、Dihydroethidium染色によるROS活性化発現率の評価をした。ROSのマーカーであるNF-E2-related factor 2(Nrf2)、Receptor for advanced glycation end-products (RAGE)、Toxic advanced glycation end-products (TAGE)、p47phox、p67phox、3-nitrotyrosine (3-NT)のタンパク発現量を検討した。その結果、肥大比率・ROS活性化発現率は健常群と比較しDCM群が有意に増加した。Nrf2のタンパク発現量は健常群と比較するとDCM群が有意に減少した。RAGEは増加傾向にあり、TAGE・p47phox・p67phox・3-nitrotyrosineのタンパクの発現量は有意に増加した。 以上より、心筋リモデリング・心不全の形成、進展にROSが関与していることが推定された。
URI: http://hdl.handle.net/10801/1142
Appears in Collections:卒業研究Ⅱ2014

Files in This Item:

File Description SizeFormat
09P203_山本由夏.pdf745.68 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - Feedback